山梨の生育情報をお届けします

風景情報

2016年8月の風景

松里地区 ぶどう ピオーネ

【8/31】(松里地区 ぶどう ピオーネ)
8月31日現在の松里地区のぶどう、ピオーネの様子です。出荷直前で、ピオーネ独特の芳醇な香りが漂い、とてもおいしく仕上がりました ※撮影の為、袋を外しています。今回で松里果実支所のぶどう、ピオーネの生育状況は最後となります。

笛川地区 ぶどう 種なし巨峰

【8/31】(笛川地区 ぶどう 種なし巨峰)
8月31日現在の笛川地区のぶどう、種なし巨峰の様子です。こちらもいよいよ出荷になります。 ※撮影の為、袋を外しています。今回で笛川ブロックのぶどう、種なし巨峰の生育状況は最後となります。

松里地区 ぶどう ピオーネ

【8/22】(松里地区 ぶどう ピオーネ)
8月22日現在の松里地区のぶどう、ピオーネの様子です。この時期、台風の接近などの風雨がありますが、農家の方は、土壌が流れるのを防ぐために草生栽培(果樹園に下草を計画的に生やすこと)や敷ワラを敷いたり対策をしています。粒揃い(粒の並び)も良く、見事なピオーネです。※撮影の為、袋を外しています。

笛川地区 ぶどう 種なし巨峰

【8/23】(笛川地区 ぶどう 種なし巨峰)
8月23日現在の笛川地区のぶどう、種なし巨峰の様子です。一週間後には収穫になります。 ※撮影の為、袋を外しています。

松里地区 ぶどう ピオーネ

【8/15】(松里地区 ぶどう ピオーネ)
8月15日現在の松里地区のぶどう、ピオーネの様子です。前回と比べて、着色がどんどん進み、色も濃くなってきました。これからの成長が楽しみです。※撮影の為、袋を外しています。

笛川地区 ぶどう 種なし巨峰

【8/17】(笛川地区 ぶどう 種なし巨峰)
8月15日現在の松里地区のぶどう、ピオーネの様子です。前回と比べて、着色がどんどん進み、色も濃くなってきました。これからの成長が楽しみです。※撮影の為、袋を外しています。

松里地区 ぶどう ピオーネ

【8/1】(松里地区 ぶどう ピオーネ)
8月1日現在の松里地区のぶどう、ピオーネの様子です。こちらも前回と比べて着色が進んだのが分かります。収穫時の判断は、着色だけでは難しいので、甘味比を調べたり、生育状況に合わせてジベ処理の時期を色で分けたクリップを参考にし、収穫をします。※撮影の為、袋を外しています。

笛川地区 ぶどう 種なし巨峰

【8/2】(笛川地区 ぶどう 種なし巨峰)
8月2日現在の笛川地区のぶどう、種なし巨峰の様子です。こちらも、着色がどんどん進み、色も濃くなってきました。 ※撮影の為、袋を外しています。

2016年7月の風景

春日居地区 もも 川中島白桃

【7/26】(春日居地区 もも 川中島白桃)
7月26日現在の春日居地区のもも、川中島白桃の様子です。晩生種の桃も、いよいよ出荷になります。果肉がややかたく歯ごたえがあり、糖度が高いのが特徴なので、硬くて甘いももが好きな方にお勧めの品種です。 ※今回で春日居支所のももの生育状況は最後となります。

塩山支所 すもも 太陽

【7/25】(塩山支所 すもも 太陽)
7月25日現在の塩山地区のすもも、太陽の様子です。塩山支所管内では7月中には出荷となる予定です。収穫後も、かん水、間伐・縮伐(樹の一部の切除し、栄養分を決められたところへ行き渡らせるよう管理すること)など行い、来年に備えます。※今回で塩山支所のすももの生育状況は最後となります。

松里地区 ぶどう ピオーネ

【7/25】(松里地区 ぶどう ピオーネ)
7月25日現在の松里地区のぶどう、ピオーネの様子です。こちらも前回と比べて着色が進んだのが分かります。※撮影の為、袋を外しています。

笛川地区 ぶどう 種なし巨峰

【7/27】(笛川地区 ぶどう 種なし巨峰)
7月27日現在の笛川地区のぶどう、種なし巨峰の様子です。こちらも、着色がどんどん進み、色も濃くなってきました。 ※撮影の為、袋を外しています。

勝沼支所 ぶどう デラウェア

【7/25】(勝沼支所 ぶどう デラウェア)
7月25日現在の勝沼地区のぶどう、デラウェアの様子です。いよいよ出荷が始まりました。デラウェアは、露地ぶどうのトップバッターです。いよいよ、もものシーズンからぶどうのシーズンへ移っていきます。※今回で勝沼支所のぶどうの生育状況は最後となります。

春日居地区 もも 川中島白桃

【7/21】(春日居地区 もも 川中島白桃)
7月21日現在の春日居地区のもも、川中島白桃の様子です。縫合線(割れ目)の部分からだんだん着色が始まっているのが分かります。

塩山支所 すもも 太陽

【7/21】(塩山支所 すもも 太陽)
7月21日現在の塩山地区のすもも、太陽の様子です。前回と比べ、ブルームが乗ってきたことが分かります。収穫時の果実の見た目と中味は品種、収穫時期、樹勢の強弱などで違いがありますが、各地域の出荷基準と、毎年行う関係者による実物での目合わせによって、判定をします

松里地区 ぶどう ピオーネ

【7/20】(松里地区 ぶどう ピオーネ)
7月20日現在の松里地区のぶどう、ピオーネの様子です。前回の写真と比べると、着色が始まってきたのが分かります。※撮影の為、袋を外しています。

笛川地区 ぶどう 種なし巨峰

【7/19】(笛川地区 ぶどう 種なし巨峰)
7月19日現在の笛川地区のぶどう、種なし巨峰の様子です。着色もどんどん進み、果実成熟期を迎えています。この時期では、新梢管理をし、果実へ養分が多く行き渡るように、農家の方々は日々努力をしています。※撮影の為、袋を外しています。

勝沼支所 ぶどう デラウェア

【7/19】(勝沼支所 ぶどう デラウェア)
7月19日現在の勝沼地区のぶどう、デラウェアの様子です。いよいよ出荷の時期が近づいてきました。収穫期は、見た目での判断だけではなく、甘味比(糖度と酸含量で割った数値)を調べたり、実際の食味などを確認してから出荷時期を判断します。

塩山支所 すもも 貴陽

【7/7】(塩山支所 すもも 貴陽)
7月7日現在の塩山地区のすもも、貴陽の様子です。着色も十分に進み、出荷も間近となりました。糖度が高く、適度な酸味もあり、果汁が多いのが特徴です。

松里地区 ぶどう ピオーネ

【7/5】(松里地区 ぶどう ピオーネ)
7月5日現在の松里地区のぶどう、ピオーネの様子です。粒も大きくなり、粒と粒の間隔が狭くなったことから、前回と比べて大きくなったことが分かります。これから、さらに、気温も高くなりますが、このまま順調に生育してほしいものです。※撮影の為袋を外しています。

笛川地区 ぶどう 種なし巨峰

【7/4】(笛川地区 ぶどう 種なし巨峰)
7月4日現在の笛川地区のぶどう、種なし巨峰の様子です。松里地区のピオーネと同じように、前回より粒も大きくなりました。これから少しずつ着色が始まります。※撮影の為袋を外しています。

勝沼支所 ぶどう デラウェア

【7/4】(勝沼支所 ぶどう デラウェア)
7月4日現在の勝沼地区のぶどう、デラウェアの様子です。粒と粒の隙間もなくなり、うっすらと赤紫色へ着色も始まりました。このまま無事に成長してほしいものです。

2016年6月の風景

春日居地区 もも 白鳳

【6/28】(春日居地区 もも 白鳳)
6月28日現在の春日居地区のもも、白鳳の様子です。白鳳の果肉は白く酸味も少なく、多汁で、上品な甘さが特徴の品種です。出荷も目前です。※桃の周りの白いものは二重袋の内袋で病気や虫の予防のために着けています。

塩山支所 すもも 管野中生

【6/27】(塩山支所 すもも 管野中生)
6月27日現在の塩山地区のすもも、菅野中生(かんのなかて)の様子です。着色も十分進み、出荷も目前です。色むらや傷がなく、張りと弾力があり、形は丸みを帯び、持ったときに重みを感じるものが良いすももと言われています。

松里地区 ぶどう ピオーネ

【6/27】(松里地区 ぶどう ピオーネ)
6月27日現在の松里地区のぶどう、ピオーネの様子です。ブルーム(粒の表面に付着している白い粉)ものり始め、粒もだいぶ大きくなりました。ブルームは水分の蒸発を防ぐ役割をしています。※撮影の為袋を外しています。

笛川地区 ぶどう 種なし巨峰

【6/27】(笛川地区 ぶどう 種なし巨峰)
6月27日現在の笛川地区のぶどう、種なし巨峰の様子です。こちらの写真を見ると前回より大きくなったことが分かります。早場産地の春日居地区の種なし巨峰に負けないくらい大きくなりました。※撮影の為袋を外しています。

春日居地区 ぶどう 種なし巨峰

【6/28】(春日居地区 ぶどう 種なし巨峰)
6月28日現在の春日居地区のぶどう、種なし巨峰の様子です。巨峰という名前は、巨峰を開発した研究所から見える富士山にちなんで付けられたと言われています。※撮影の為カサを上に持ち上げています。

春日居支所 ぶどう シャインマスカット

【6/28】(春日居支所 ぶどう シャインマスカット)
6月28日現在の春日居地区のぶどう、種なし巨峰の様子です。巨峰という名前は、巨峰を開発した研究所から見える富士山にちなんで付けられたと言われています。※撮影の為カサを上に持ち上げています。

勝沼支所 ぶどう デラウェア

【6/27】(勝沼支所 ぶどう デラウェア)
6月27日現在の勝沼地区のぶどう、デラウェアの様子です。粒も前回より大きくなりました。カサを掛け、雨から実を守ることで、病害虫の発生を抑えることができます。今後の成長が楽しみです。

春日居地区 もも 加納岩白桃

【6/20】(春日居地区 もも 加納岩白桃)
6月20日現在の春日居地区のもも、加納岩白桃の様子です。こちらの写真を見ると、少しずつピンク色が出てきたのが分かります。一週間後には収穫になります。

塩山支所 すもも 管野中生

【6/20】(塩山支所 すもも 管野中生)
6月20日現在の塩山地区のすもも、菅野中生(かんのなかて)の様子です。着色が進み、どんどん赤くなっているのが分かります。このまま無事出荷してほしいものですね。

松里地区 ぶどう ピオーネ

【6/20】(松里地区 ぶどう ピオーネ)
6月20日現在の松里地区のぶどう、ピオーネの様子です。前回の写真と比べると、粒が大きくなったことが分かります。(「粒が張った」とも表現します)袋かけ作業も終わり、これからは、実の成長を待つ時期です。※撮影の為袋は外しています。

笛川地区 ぶどう 種なし巨峰

【6/20】(笛川地区 ぶどう 種なし巨峰)
6月20日現在の笛川地区のぶどう、種なし巨峰の様子です。摘粒をしたことにより、粒が大きくなっても房全体の見た目や、粒と粒の間隔が程よく空いています。※撮影の為袋は外しています。

春日居地区 ぶどう 種なし巨峰

【6/23】(春日居地区 ぶどう 種なし巨峰)
6月23日現在の春日居地区のぶどう、種なし巨峰の様子です。こちらの早場産地では粒が大きくなっているのがよくわかります。※撮影の為カサは外しています。

春日居支所 ぶどう シャインマスカット

【6/22】(春日居支所 ぶどう シャインマスカット)
6月22日現在の春日居地区のぶどう、シャインマスカットの様子です。シャインマスカットは、粒が大きくなるにつれて線のようなものが入ります。シャインマスカットは近年人気が出ており。注目のぶどうです。※撮影の為カサは外しています。

勝沼支所 ぶどう デラウェア

【6/20】(勝沼支所 ぶどう デラウェア)
6月20日現在の勝沼地区のぶどう、デラウェアの様子です。これから夏に入り、雨が多くなったり、気温も高くなりますが、このまま順調に生育してほしいものです。あと20日位すると、赤みが帯びてきます。

春日居地区 もも 日川白鳳

【6/14】(春日居地区 もも 日川白鳳)
6月14日現在の春日居地区のもも、日川白鳳の様子です。約6.5㎝まで大きく成長しています。このまま出荷まで順調に生育できるよう、栽培者の皆様も頑張っています。※撮影の為袋を外しています。

塩山支所 すもも 大石早生

【6/15】(塩山支所 すもも 大石早生)
6月15日現在の塩山地区のすもも、菅野中生(かんのなかて)の様子です。管野中生の果肉は部分的に赤みがさした淡黄色です。糖度は13度ほどで甘味と酸味のバランスがとれた美味しいすももです。

松里地区 ぶどう ピオーネ

【6/14】(松里地区 ぶどう ピオーネ)
6月14日現在の松里地区のぶどう、ピオーネの様子です。ピオーネは1粒15~20gになり、大きさでは巨峰を凌ぎ、果肉が引き締まって食味がとても良い品種です。写真の房も粒が前回より大きくなっています。これからの生育が楽しみですね。

笛川地区 ぶどう 種なし巨峰

【6/13】(笛川地区 ぶどう 種なし巨峰)
6月13日現在の笛川地区のぶどう、種なし巨峰の様子です。一粒約13g、大きいものでは20g程度にまで肥大する為、摘粒(粒を抜いて粒の数を制限すること)をして、一房30~35粒を残すようにします。※写真は摘粒後の様子です。

春日居地区 ぶどう 種なし巨峰

【6/13】(春日居地区 ぶどう 種なし巨峰)
6月13日現在の春日居地区のぶどう、種なし巨峰の様子です。早場産地の春日居地区では、遅場の笛川地区と比べ、生育が早く、粒が大きくなっています。※撮影の為カサを上に持ち上げています。

勝沼支所 ぶどう デラウェア

【6/13】(勝沼支所 ぶどう デラウェア)
6月13日現在の勝沼地区のぶどう、デラウェアの様子です。粒が前回よりも大きくなったため、よりブドウらしさが出てきました、このまま順調に生育してほしいものです。※撮影の為カサを上に持ち上げています。

春日居地区 もも 日川白鳳

【6/6】(春日居地区 もも 日川白鳳)
6月6日現在の春日居地区のもも、日川白鳳の様子です。大きさは6㎝程度となりました。あと2週間程度で出荷となる予定です。 ※撮影の為袋を外しています。

塩山支所 すもも 大石早生

【6/7】(塩山支所 すもも 大石早生)
6月7日現在の塩山地区のすもも、大石早生の様子です。大石早生は露地のすももの中で一番早い出荷となるので、今年も良いスタートが切れるように栽培者の皆様も努力しています。

松里地区 ぶどう ピオーネ

【6/6】(松里地区 ぶどう ピオーネ)
6月6日現在の松里地区のぶどう、ピオーネの様子です。第一回のGA処理も終わり粒も大豆大になりました。これから日増しに大きくなります。楽しみですね。※写真中央の橙は実際の大豆です。比較のために撮影しました。

笛川地区 ぶどう 種なし巨峰

【6/6】(笛川地区 ぶどう 種なし巨峰)
6月6日現在の笛川地区のぶどう、種なし巨峰の様子です。巨峰とピオーネなどぶどうで外観が似ている品種を見分ける場合、葉の裂刻(切れ込み)の深さや葉裏の毛の有無などで見分ける場合もあります。

勝沼支所 ぶどう デラウェア

【6/6】(勝沼支所 ぶどう デラウェア)
6月6日現在の勝沼地区のぶどう、デラウェアの様子です。まだ緑色ですが、粒が大きくなってきたことで、少しずつブドウらしさが出てきました。出荷まで待ち遠しいですね。

2016年5月の風景

春日居地区 もも 日川白鳳

【5/30】(春日居地区 もも 日川白鳳)
5月30日現在の春日居地区の日川白鳳の様子です。大きさも5センチを超えました。袋を掛けることで、地色(緑色)が抜けやすくなるほか、どれくらいの実がなっているか把握しやすくなります。

塩山支所 すもも 大石早生

【5/30】(塩山支所 すもも 大石早生)
5月30日現在の塩山地区のすもも、大石早生の様子です。大石早生は、現在、日本で最も栽培されています。黄緑色の果皮は成熟にしたがって赤く染まり、完熟すると果皮全体が鮮紅色に染まります。収穫は6月12日からの予定です。

松里地区 ぶどう ピオーネ

【5/30】(松里地区 ぶどう ピオーネ)
5月30日現在の松里地区のぶどう、ピオーネの様子です。もう少しでジベレリン処理が始まります。昔は花ぶるい(開花して実がつかないこと)してしまい、栽培が難しい品種でした。ジベ処理による種なし栽培が確立されてからは、結実安定し、栽培しやすくなりました。

笛川地区 ぶどう 種なし巨峰

【5/30】(笛川地区 ぶどう 種なし巨峰)
5月30日現在の笛川地区のぶどう、種なし巨峰の様子です。ぶどうは次々と新品種が登場していますが、巨峰は長年にわたって根強い人気を維持しています。

勝沼支所 ぶどう デラウェア

【5/30】(勝沼支所 ぶどう デラウェア)
5月30日現在の勝沼地区のぶどう、デラウェアの様子です。花も咲き終わり、これから果実肥大期を迎えます。これから2回目のジベ処理とカサかけをします。それらをすることによって、雨から実を守ることができます。

春日居地区 もも 日川白鳳

【5/23】(春日居地区 もも 日川白鳳)
5月23日現在の春日居地区のもも、日川白鳳の様子です。撮影の為袋を外しています。袋をかけることによって緑色の地色が抜けやすくなります。その後、袋を取り、日光に当てることによって、きれいな紅色になります。

塩山支所 すもも 大石早生

【5/25】(塩山支所 すもも 大石早生)
5月25日現在の塩山地区のすもも、大石早生の様子です。前回と比べ、一段と大きくなっています。

松里地区 ぶどう ピオーネ

【5/23】(松里地区 ぶどう ピオーネ)
5月23日現在の松里地区のぶどう、ピオーネの様子です。いよいよ開花も始まり、農家は房づくりの真っ盛りです。こちらの写真は房づくりをした後の写真です。

笛川地区 ぶどう 種なし巨峰

【5/23】(笛川地区 ぶどう 種なし巨峰)
5月23日現在の笛川地区のぶどう、種なし巨峰の様子です。こちらは房づくり前の写真です。白いヒゲの様に出ているのが巨峰の花です。これから、松里地区と同じように房づくりを行います。

勝沼支所 ぶどう デラウェア

【5/23】(勝沼支所 ぶどう デラウェア)
5月23日現在の勝沼地区のぶどう、デラウェアの様子です。デラウェアはジベレリン処理により、ほとんどが種なし栽培で行われています。今後の成長が楽しみです。

春日居地区 もも 日川白鳳

【5/17】(春日居地区 もも 日川白鳳)
5月17日現在の春日居地区のもも、日川白鳳の様子です。先週は3.5㎝だったのが4.3㎝に成長し、果実肥大期を迎えています。今後の成長が楽しみです。

塩山支所 すもも 大石早生

【5/16】(塩山支所 すもも 大石早生)
5月16日現在の塩山地区のすもも、大石早生の様子です。こちらも、先週より果実が大きくなっています。収穫が楽しみですね。

松里地区 ぶどう ピオーネ

【5/17】(松里地区 ぶどう ピオーネ)
5月17日現在の松里地区のぶどう、ピオーネの様子です。来週には開花が始まり、房づくりという作業を行います。これからの時期はブドウの生育速度と気象状況をよく見て、しっかり管理をすることが重要です。

笛川地区 ぶどう 種なし巨峰

【5/17】(笛川地区 ぶどう 種なし巨峰)
5月17日現在の笛川地区のぶどう、種なし巨峰の様子です。雨が降ったことでべと病やうどんこ病などの病気が発生しやすい状況ですが、雨よけビニールの設置等で房を守っています。

勝沼支所 ぶどう デラウェア

【5/16】(勝沼支所 ぶどう デラウェア)
5月16日現在の勝沼地区のぶどう、デラウェアの様子です。こちらでは開花が始まっています。ブドウシーズン開幕の一番バッターですので、今年も良いスタートが切れるようにしっかりと管理をしています。

春日居地区 もも 日川白鳳

【5/9】(春日居地区 もも 日川白鳳)
5月9日現在の春日居地区のもも、日川白鳳の様子です。4月の段階では小指の頭程度だったのが、3.5㎝程度まで成長しました。今後の成長が楽しみです。

塩山支所 すもも 大石早生

【5/9】(塩山支所 すもも 大石早生)
5月9日現在の塩山地区のすもも、大石早生の様子です。こちらでは、摘果が終わりました。摘果で一気に実を落とさずに、段階的にすることにより、生理落下を防ぐことができます。

松里地区 ぶどう ピオーネ

【5/9】(松里地区 ぶどう ピオーネ)
5月9日現在の松里地区のピオーネの様子です。展葉枚数も7枚~8枚となり順調に生育しています。

笛川地区 ぶどう 種なし巨峰

【5/9】(笛川地区 ぶどう 種なし巨峰)
5月9日現在の笛川地区の種なし巨峰の様子です。展葉枚数は8~9枚となっています。展葉が始まった4月上旬から約一か月が経過しますが、驚くほどの成長スピードです。

笛川地区 ぶどう 種なし巨峰

【5/9】(笛川地区 ぶどう 種なし巨峰)
こちらは房の様子です。良いぶどうを出荷するために、これからの季節、気温変動や病害虫に気を付けていかなければなりません。

勝沼支所 ぶどう デラウェア

【5/9】(勝沼支所 ぶどう デラウェア)
5月9日現在の勝沼地区のぶどう、デラウェアの様子です。こちらを見ただけでは、赤褐色の甘いぶどうになるということをイメージしにくいと思いますが、このまま順調に育って行って立派なぶどうになってほしいものです。

春日居支所 もも 日川白鳳

【5/2】(春日居支所 もも 日川白鳳)
5月2日現在の春日居地区のもも、日川白鳳の様子です。摘果(よい実を残す作業)後の写真です。前回(4月25日)と比べてひと回りほど大きくなり、生育は順調です。

塩山支所 すもも 大石早生

【5/2】(塩山支所 すもも 大石早生)
5月2日現在の塩山地区のすもも、大石早生の様子です。たくさん実がなっていますが、これから「摘果」を行います。

塩山支所 すもも 大石早生

【5/2】(塩山支所 すもも 大石早生)
こちらが摘果後の写真になります。実を減らすことで、1つあたりの実に対して、沢山の栄養が行き渡るようになり、果実が大きくなります。このまま無事に収穫まで育って欲しいものです。

笛川地区 ぶどう 種なし巨峰

【5/2】(笛川地区 ぶどう 種なし巨峰)
5月2日現在の笛川地区のぶどう、です。展葉枚数も増え、葉も房も大きくなってきています。

勝沼地区 ぶどう デラウェア

【5/2】(勝沼地区 ぶどう デラウェア)
5月2日現在の勝沼地区のぶどう、デラウェアです。展葉枚数は7枚となっています。気温が高い日が多くなってきているため、生育は順調です。

2016年4月の風景

春日居支所 もも 日川白鳳

【4/25】(春日居支所 もも 日川白鳳)
4月25日現在の春日居地区のもも、日川白鳳の様子です。

春日居支所 もも 日川白鳳

【4/25】(春日居支所 もも 日川白鳳)
生育が早い実で小指の頭位に生長しています。

塩山支所 すもも 大石早生

【4/25】(塩山支所 すもも 大石早生)
4月25日現在の塩山地区のすもも、大石早生です。たくさん実がなっていますが、これから「摘果」といいう作業を行ってよい実を残して行きます。

松里果実支所 ぶどう ピオーネ

【4/25】(松里果実支所 ぶどう ピオーネ)
4月25日現在の松里地区のピオーネの様子です。少し房が見え始めてきました。

笛川ブロック ぶどう 種なし巨峰

【4/25】(笛川ブロック ぶどう 種なし巨峰)
4月25日現在の笛川地区の種なし巨峰の様子です。こちらも少し房が見え始めてきました。

勝沼支所 ぶどう デラウェア

【4/25】(勝沼支所 ぶどう デラウェア)
4月25日現在の勝沼地区のぶどう、デラウェアです。房も出てきて順調に育っています。

2016年3月の風景

23日夜には雪が降ったJAフルーツ山梨管内で、ハウス桃の花がまもなく満開を迎えます。甲州市塩山でハウス栽培の桃「日川白鳳」を栽培する飯島さんの園では、一足早く桃の花が見頃を迎えています♪

塩山地区 日川白鳳

【3/5】(塩山地区 日川白鳳)
生産者にとっては、これからいよいよ農作業が本格化。飯島さんの園でも、今週から受粉作業が始まっています。

塩山地区 日川白鳳

【3/5】(塩山地区 日川白鳳)
受粉作業は結実を確保する為の重要な作業。ダチョウの羽の毛ばたきを使用して、開花状況を見極めながら丁寧に受粉作業を行います。

塩山地区 日川白鳳

【3/5】(塩山地区 日川白鳳)
ハウス桃は5月上旬の出荷を見込んでいます。

2015年8月の風景

松里地区 種なしピオーネ

【8/18】(松里地区 種なしピオーネ)
8月18日現在の松里地区のぶどう、ピオーネの様子です。先週と比べ、さらに紫黒色へと着色が進み、芳醇な香りもしています。21日からの出荷を予定しています(撮影のため、袋を外しています。通常は収穫まで袋を外しません。今年のピオーネの生育状況は今回が最後です)。

笛川ブロック 諏訪地区 種なし巨峰

【8/18】(笛川ブロック 諏訪地区 種なし巨峰)
8月18日現在の笛川ブロック(牧丘 標高450m付近)の種なし巨峰の様子です。着色が充分進み、とてもおいしそうなぶどうとなりました。8月25,26日前後の出荷を予定しています(撮影のため、袋を外しています。通常は収穫まで袋を外しません。今年の巨峰の生育状況は今回が最後です)。

松里地区 種なしピオーネ

【8/10】(松里地区 種なしピオーネ)
8月10日現在の松里地区のぶどう、ピオーネの様子です。先週と比べ紫黒色へと着色が進んでいます。今月下旬の出荷を予定しています(撮影のため、袋を外しています。通常は収穫まで袋を外しません。)。

笛川ブロック 諏訪地区 種なし巨峰

【8/11】(笛川ブロック 諏訪地区 種なし巨峰)
8月11日現在の笛川ブロック(牧丘 標高450m付近)の種なし巨峰の様子です。こちらも紫黒色へと着色が進んでいます。今月下旬の出荷を予定しています(撮影のため、袋を外しています。通常は収穫まで袋を外しません。)。

塩山支所 すもも レートソルダム

【8/4】(塩山支所 すもも レートソルダム)
8月4日現在の塩山地区のすももの晩生種「レートソルダム」です。果肉が非常に濃い赤色になれば出荷可能となります。先週より果肉が濃い赤色になり、出荷可能となりました(今年のすももの生育状況は今回が最後です)。

松里地区 種なしピオーネ

【8/3】(松里地区 種なしピオーネ)
8月3日現在の松里地区のぶどう、ピオーネの様子です。先週と比べ着色が進んでいます(撮影のため、袋を外しています。通常は収穫まで袋を外しません。)。

笛川ブロック 諏訪地区 種なし巨峰

【8/3】(笛川ブロック 諏訪地区 種なし巨峰)
8月3日現在の笛川ブロック(牧丘 標高450m付近)の種なし巨峰の様子です。先週よりも着色がまた濃くなっています(撮影のため、袋を外しています。通常は収穫まで袋を外しません。)。

2015年7月の風景

春日居支所 もも 川中島白桃

【7/27】(春日居支所 もも 川中島白桃)
7月27日現在の春日居地区のももの晩生種「川中島白桃」の様子です。着色も進み、今月30日から出荷が始まります。

春日居支所 もも 川中島白桃

【7/27】(春日居支所 もも 川中島白桃)
この品種に限らず、晩生のももは、総じて、果肉がしっかりしていて、歯ごたえがありますが、糖度も高く、とても美味しいももとなっています(ももの生育状況は今回で終了となります)。

塩山支所 すもも レートソルダム

【7/28】(塩山支所 すもも レートソルダム)
7月28日現在の塩山地区のすももの晩生種「レートソルダム」です。先週より果肉が濃い赤色になりましたが、出荷までには、まだまだ赤くなります。8月上旬頃の出荷を予定しています。

松里地区 種なしピオーネ

【7/27】(松里地区 種なしピオーネ)
7月27日現在の松里地区のぶどう、ピオーネの様子です。酷暑の中、うっすらと全体に着色してきています(撮影のため、袋を外しています。通常は収穫まで袋を外しません。)。

笛川ブロック 諏訪地区 種なし巨峰

【7/27】(笛川ブロック 諏訪地区 種なし巨峰)
7月27日現在の笛川ブロック(牧丘 標高450m付近)の種なし巨峰の様子です。先週よりも着色が濃くなっています(撮影のため、袋を外しています。通常は収穫まで袋を外しません。)。

勝沼ブロック 勝沼地区 デラウェア

【7/27】(勝沼ブロック 勝沼地区 デラウェア)
7月27日現在の勝沼地区のぶどう、デラウェアの様子です。着色や糖度も十分進み、今月24日から出荷が始まっています(今年のデラウェアの生育状況は今回が最後です)。

春日居支所 もも 川中島白桃

【7/21】(春日居支所 もも 川中島白桃)
7月21日現在の春日居地区のももの晩生種「川中島白桃」の様子です。除袋直後ですが、早いもので、ももはとうとう晩生種に突入です。今月30日前後の出荷を予定しています。

塩山支所 すもも 太陽

【7/21】(塩山支所 すもも 太陽)
7月21日現在の塩山地区のすももの晩生種「太陽」です。着色もずいぶん進んでいます。着色がよく、日持ちも非常に優れていますので、十分熟してから出荷します。8月1日頃の出荷を予定しています。

塩山支所 すもも レートソルダム

【7/21】(塩山支所 すもも レートソルダム)
7月21日現在の塩山地区のすももの晩生種「レートソルダム」です。果肉が非常に濃い赤色になれば出荷開始となりますが、今の状態だとまだ早いですね。

松里地区 種なしピオーネ

【7/21】(松里地区 種なしピオーネ)
7月21日現在の松里地区のぶどう、ピオーネの様子です。梅雨も明け連日の高温の中、ピオーネの着色が始まりました(撮影のため、袋を外しています。通常は収穫まで袋を外しません。)。

笛川ブロック 諏訪地区 種なし巨峰

【7/21】(笛川ブロック 諏訪地区 種なし巨峰)
7月21日現在の笛川ブロック(牧丘 標高450m付近)の種なし巨峰の様子です。先週と比べ着色が全体的に行き渡っています。これから色も濃くなります(撮影のため、袋を外しています。通常は収穫まで袋を外しません。)。

勝沼ブロック 勝沼地区 デラウェア

【7/20】(勝沼ブロック 勝沼地区 デラウェア)
7月20日現在の勝沼地区のぶどう、デラウェアの様子です。先週と比べ着色がだいぶ進んでいます。今後は甘味比調査を行い、食味をデータ上で確認してから「おいしい時期を逃さず」出荷します。

春日居支所 もも なつっこ

【7/14】(春日居支所 もも なつっこ)
7月14日現在の春日居地区のもも、「なつっこ」の様子です。管内の早場地域では、ももの中生種も、中盤を過ぎる頃となり、ご覧の通り、なつっこも出荷直前(16日出荷開始予定。前年比5日早い)となっています。

春日居支所 もも なつっこ

【7/14】(春日居支所 もも なつっこ)
なつっこは果実が300g前後と大きな品種で、糖度も高く、非常に人気の高い品種です。

松里地区 種なしピオーネ

【7/14】(松里地区 種なしピオーネ)
7月13日現在の松里地区のぶどう、ピオーネの様子です。最近の高温を耐え、いよいよ果実が柔らかくなってきました(専門用語でベレーゾーンといいます。)そろそろ着色が始まります。(撮影のため、袋を外しています。通常は収穫まで袋を外しません。)。

笛川ブロック 諏訪地区 種なし巨峰

【7/13】(笛川ブロック 諏訪地区 種なし巨峰)
7月13日現在の笛川ブロック(牧丘 標高450m付近)の種なし巨峰の様子です。着色が始まっています。ご覧の通り、とびとびに色が入る方が最終的な着色が良くなります(撮影のため、袋を外しています。通常は収穫まで袋を外しません。)

勝沼ブロック 勝沼地区 デラウェア

【7/13】(勝沼ブロック 勝沼地区 デラウェア)
7月13日現在の勝沼地区のぶどう、デラウェアの様子です。着色が進んでいます。今後は甘味比調査を行い、おいしさをデータ上で確認してから出荷となります。

春日居支所 もも 浅間白桃

【7/6】(春日居支所 もも 浅間白桃)
7月6日現在の春日居地区のもも、浅間白桃の様子です。

春日居支所 もも 浅間白桃

【7/6】(春日居支所 もも 浅間白桃)
浅間白桃は、山梨で生まれ育った品種で、白鳳に次ぐ主力品種です。外観・食感・味覚の3拍子そろった優れた品種で、除袋も終わり、7月15日前後の出荷を予定しています。

笛川ブロック 諏訪地区 種なし巨峰

【7/6】(笛川ブロック 諏訪地区 種なし巨峰)
7月6日現在の笛川ブロック(牧丘 標高450m付近)の種なし巨峰の様子です。先週とあまりかわりませんが、これから着色が始まってきます(撮影のため、袋を外しています。通常は収穫まで袋を外しません。)。

勝沼ブロック 勝沼地区 デラウェア

【7/6】(勝沼ブロック 勝沼地区 デラウェア)
7月6日現在の勝沼地区のぶどう、デラウェアの様子です。前回から一週間が経ち、うっすらと着色が始まりつつあります。

2015年6月の風景

春日居支所 もも 加納岩白桃

【6/30】(春日居支所 もも 加納岩白桃)
6月30日現在の春日居地区のもも、加納岩白桃の様子です。早生種も後半に入り、加納岩白桃も収穫を迎え、着色 玉張り共に申し分ありません。

塩山支所 すもも 菅野中生

【6/29】(塩山支所 すもも 菅野中生)
6月29日現在の塩山地区のすもも、菅野中生(かんのなかて)の様子です。着色も十分進み、収穫直前です。

松里地区 種なしピオーネ

【6/29】(松里地区 種なしピオーネ)
6月29日現在の松里地区のぶどう、ピオーネの様子です。先週と比べ、ひとまわり果粒が大きくなり、ブルーム(果物の実から自然に出てくるロウ物質)も確認できます(撮影のため、袋を外しています。通常は収穫まで袋を外しません。)。

笛川ブロック 諏訪地区 種なし巨峰

【6/29】(笛川ブロック 諏訪地区 種なし巨峰)
6月29日現在の笛川ブロック(牧丘 標高450m付近)の種なし巨峰の様子です。2回目のGA処理を行って、半月ほど経ちました。果粒がどんどん大きくなっています。ピオーネと同じくブルームも確認できます(撮影のため、袋を外しています。通常は収穫まで袋を外しません。)。

勝沼ブロック 勝沼地区 デラウェア

【6/29】(勝沼ブロック 勝沼地区 デラウェア)
6月29日現在の勝沼地区のぶどう、デラウェアの様子です。前回から一週間経ち、玉張り(果粒の大きさ)がさらに進んでいます。

春日居地区 もも 日川白鳳

【6/24】(春日居支所 もも 日川白鳳)
6月24日現在の春日居地区のもも、日川白鳳の様子です。

春日居支所 もも 日川白鳳

【6/24】(春日居支所 もも 日川白鳳)
収穫直前で、着色 玉張り(果実の大きさ)共に申し分ありません。

塩山支所 すもも 菅野中生

【6/23】(塩山支所 すもも 菅野中生)
6月23日現在の塩山地区のすもも、菅野中生(かんのなかて)の様子です。先週と比べ着色が進んでいます。6月28日頃の出荷を予定しています。

松里地区 種なしピオーネ

【6/22】(松里地区 種なしピオーネ)
6月22日現在の松里地区のぶどう、ピオーネの様子です。摘粒も終え、袋かけの時期となりました。これから収穫までじっと待ちます。

笛川ブロック 諏訪地区 種なし巨峰

【6/22】(笛川ブロック 諏訪地区 種なし巨峰)
6月22日現在の笛川ブロック(牧丘 標高450m付近)の種なし巨峰の様子です。果粒も先週から1.5倍ぐらいに大きくなり、「すきま」が埋まってきています。

勝沼地区 ぶどう デラウェア

【6/22】(勝沼地区 ぶどう デラウェア)
6月22日現在の勝沼地区のぶどう、デラウェアの様子です。前回から一週間経ち、玉張り(果粒の大きさ)が進んでいます。

春日居地区 もも 日川白鳳

【6/15】(春日居支所 もも 日川白鳳)
6月15日現在の春日居地区のもも、日川白鳳の様子です。

春日居支所 もも 日川白鳳

【6/15】(春日居支所 もも 日川白鳳)
除袋を11日頃に行い、出荷は21日頃を予定しています。

塩山支所 すもも 大石早生

【6/15】(塩山支所 すもも 大石早生)
6月15日現在の塩山地区のすもも、大石早生の様子です。収穫適期となり、管内では6月14日から出荷が始まっています。

塩山支所 すもも 菅野中生

【6/15】(塩山支所 すもも 菅野中生)
6月15日現在の塩山地区のすもも、菅野中生(かんのなかて)の様子です。菅野中生は大石早生の次に出荷されるすももで、今年の出荷は6月下旬を予定しています。

松里地区 種なしピオーネ

【6/15】(松里地区 種なしピオーネ)
6月15日現在の松里地区のぶどう、ピオーネの様子です。2回目GA処理時期となりました。梅雨の合間をぬっての作業となり、これからは、日に日に粒が大きくなります。

笛川ブロック 諏訪地区 種なし巨峰

【6/15】(笛川ブロック 諏訪地区 種なし巨峰)
6月15日現在の笛川ブロック(牧丘 標高450m付近)の種なし巨峰の様子です。摘粒も終わり、一昨日(6月13日)第2回目のジベレリン処理を行いました。これからぐんぐんと粒が大きくなっていきます。

勝沼ブロック 勝沼地区 デラウェア

【6/15】(勝沼ブロック 勝沼地区 デラウェア)
6月15日現在の勝沼地区のぶどう、デラウェアの様子です。カサをかけることによって、病気やムシからぶどうの実を守っています。

春日居地区 もも 日川白鳳

【6/8】(春日居支所 もも 日川白鳳)
6月8日現在の春日居地区のもも、日川白鳳の様子です。果径が7cm弱となっています。除袋が近くなり、出荷までもうすぐです(撮影のため、袋を外しています)。

塩山支所 すもも 大石早生

【6/8】(塩山支所 すもも 大石早生)
6月8日現在の塩山地区のすもも、大石早生の様子です。ほんのり赤くなってきました。来週には収穫が始まります。

松里地区 種なしピオーネ

【6/8】(松里地区 種なしピオーネ)
6月8日現在の松里地区のぶどう、ピオーネの様子です。一回目のジベ漬けから6日経っています。果流もずいぶん大きくなりました。今後は摘粒などを行い房を仕上げていきます。

笛川ブロック諏訪地区 ぶどう 種なし巨峰

【6/8】(笛川ブロック 諏訪地区 種なし巨峰)
6月8日現在の笛川ブロック(牧丘 標高450m付近)の種なし巨峰の様子です。一回目のジベ処理から一週間経ち、果粒がずいぶん大きくなりました。これから摘粒と2回目のジベ処理に入ります。

勝沼ブロック 勝沼地区 デラウェア

【6/8】(勝沼ブロック 勝沼地区 デラウェア)
6月8日現在の勝沼地区のぶどう、デラウェアの様子です。2回目のジベ処理も終わり、カサかけが終わっています。これから果粒が日一日と大きくなります。

春日居支所 もも 日川白鳳

【6/1】(春日居支所 もも 日川白鳳)
6月1日現在の春日居地区のもも、日川白鳳の様子です。果径が6cm弱となっています。出荷までもうそろそろです。

塩山支所 すもも 大石早生

【6/1】(塩山支所 すもも 大石早生)
6月1日現在の塩山地区のすもも、大石早生の様子です。連日の高温で果実の肥大も進んでいます。今月中旬には出荷の予定です。

松里地区 種なしピオーネ

【6/1】(松里地区 種なしピオーネ)
6月1日現在の松里地区のぶどう、ピオーネの様子です。粒の大きさもマッチ棒大の大きさとなり、明日(6月2日)ジベ処理を行う予定です。

笛川ブロック 諏訪地区 種なし巨峰

【6/1】(笛川ブロック 諏訪地区 種なし巨峰)
6月1日現在の笛川ブロック(牧丘 標高450m付近)の種なし巨峰の様子です。昨年より5日早く、本日(6月1日)第一回目のジベレリン処理を行いました。これから驚くほど粒が大きくなっていきます。

勝沼ブロック 勝沼地区 デラウェア

【6/1】(勝沼ブロック 勝沼地区 デラウェア)
6月1日現在の勝沼地区のぶどう、デラウェアの様子です。段々と粒が大きくなっています。